アボカドの種の栄養

この間アボカドの種を食べました。
しぬほどまずかったです。という話をしましたが、

やっぱり興味があるのか、図書館で調べてみました。

本によると、
アボカドの種には、
13,6%のタンニンと13,3%のデンプンが含まれているそう。

そして、種から抽出したオイルには、
カプリン酸 0,6%
パルミチン酸 23,4%
ミリステン酸 1,7%
ステアリン酸 8,7%
オレイン酸 2,5%
リノール酸 24,1%
リノレン酸 2,5%
が含まれているそうです。

最後の3つくらいしか聞いたことがあるものがないので不安になったら
すぐ後に、『これらは全部有益な脂肪酸です。』と書かれていました。

よかった。


でもラットに種を粉砕してコーンミールと混ぜた物を与える
実験がでていたり、なんだかやっぱり良くない説もあるのかな。

とにかくまずいのでもう食べませんけどね。


ついでにアボカドオイルについて。
こっちは味も私は大好きです。
ドレッシングに使います。

皮膚の浸透性が高く、アレルギー性は低く、
皮膚を柔らかにする働きがあり、
日焼け防止にも効果的。

ふむふむ、これからは日焼け止めにも使おう。
と思っていたら!


こんな情報がありました。

~アボカドのインク~
種のタンニンは空気に触れると赤色に変色するので、
この性質を利用して、スペイン人がアメリカ大陸に侵攻した際
多く用いられた。リネンや織物の染色にも利用された。

これを見て、思いました。
確かにインクの味だった、と。
あの毒々しさ。苦さ。たべものとは明らかに違う違和感な味。

インクですっきり腑に落ちました。



<参考資料>
新特産シリーズアボカド  農文教
[PR]
by hatugashoku | 2009-09-08 18:52 | ちょっと役立つ話

365日のブロッコリースプラウトレシピを作っています。発芽酵素食で健康で元気でHAPPY★発芽玄米と食前野菜、スプラウトの食生活をおすすめしています。

by sproutマイスターmeg