鶴見先生と山田豊文先生からきく、健康の話

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。

ご存知、代替医療の鶴見先生と
著書病気がイヤなら「油」を変えなさいや
スポーツ選手の断食で有名な山田豊文先生の
ダブル講演会があったので行ってきました。

鶴見先生は何度かこのブログにも登場していますが、ご存じない方のために説明すると
1948年石川県生まれ。
浜松で普通の医者として勤務した後、1984年ごろから西洋医学をはなれ、
漢方(中医学)、鍼灸・気功などの東洋医学を学ぶ。
さらに、栄養学(アメリカの分子整合栄養学)、1996年からは酵素栄養学を学び、
独自の治療法を確立。西洋医療に真っ向から対決。
診察に一人一人時間をかけ、徹底的に本質から治す方法
(栄養指導・サプリメント指導・ホルミシス・他)で治療を行っている。


鶴見先生いつも講演会ではばっさり現在の医療を批判します。
それに共感する人は多く、ファンはどんどん増えている感じがします。
実際みんな西洋医療の無力さ、限界を感じているからなんでしょうね。

西洋医学ではどうにもならなかったガンや難病も食事療法を中心に治した
という実績もたくさんある方なので、病院にはいきたくないけれど・・・
というかたでもここのクリニックはおすすめできると思います。
(場所は東京都中央区八丁堀、鶴見クリニックです。)

さて、鶴見先生は私は何度かお話伺っているのですが
山田豊文先生のお話は初めて。

早口でちょっと高い声+関西弁という独特のスーパートーク
で集中していないと何をしゃべっているのだか??になってしまうのですが、

2時間にわたる熱弁、とても興味深いことの連続でした。

とにかく断食の大切さはここでも強調されていて、
というか私が最初に断食を知ったのは山田先生のジュースファスティングという
本だったことに昨日気がつきました。
まだ本持っているし。
大学生のころ、この本を片手に初めて断食をしました。
(同時に足には1キロのおもりをつけて生活していたことも思い出しました。
鍛えていたわけでもないのになにがしたかったんだか・・・笑)

“まごわやさしい”の食べ方を言い出したのも山田先生。
私何気なく昔からお世話になっています。

山田先生の油の話、カルシウムの話、そして誰でも簡単にNO1になれる!
貴重なお話は次回に回すとして、鶴見先生の衝撃的なニュース、

“種は食べるな。生のナッツ、豆にふくまれる酵素抑制物質はなにより体を一気に老化させる”

これを消化するのに寿命をどれだけ縮めているか!!

ということです。やばい。油断してちゃんとナッツを浸水させていないときがある、私。
家でぽりぽり食べるとき、ローストするよりはましかな、と思い食べちゃって・・・
これは即改善しよう。

酵素抑制物質がそれほど強いものだとは盲点でした。
みなさんも生のナッツを食べる際は気をつけてくださいね!

講演会の話はまだまだ続きます。

このブログに来てくれてありがとうございます。
もっと素敵なケーキやお料理がたくさんあります
ここから行ってみてくださいネ♪♪016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-08-02 07:16 | 講演会での知識

365日のブロッコリースプラウトレシピを作っています。発芽酵素食で健康で元気でHAPPY★発芽玄米と食前野菜、スプラウトの食生活をおすすめしています。

by sproutマイスターmeg