通勤電車で泣きそう。

発芽酵素食マイスターの中井川 恵です。

昨日私の師、マザー芙佐子さんから電話がきました。

“そっちは大丈夫ですか?

こんなときに、私たちが知っていることをお伝えできればいいのですが。”

あるものを最大限に生かして食べることができる、発芽酵素食。

たとえば、発芽玄米。

普通に玄米を食べるだけでは得られない、
たくさんの栄養素が発芽によって芽生える。

もともとある、ビタミンやミネラルも吸収しやすい形になっている。

ただ、ちょっとお水につけて置いておくだけ。それだけで、全然違うものになる。

スプラウトの種を100gポケットに忍ばせていれば、野菜がなくなっても最も栄養とバワーに満ちたスプラウト野菜を自分で作って1ヶ月はビタミンミネラル不足にならずに済む。

こんな時だからこそ、少ない資源を一番有益に使いたい。

それは電気エネルギーも食べ物も同じ。

あるものに感謝して、最低限に質素に暮らすこと。
これからもっと皆が気づいていくのかな。

それにしても昨日も今日もJRやばすぎ。

新宿の山手線内回り。
ホームに降りるのに入場制限、長蛇の列。
でも乗車率は低くて助かる。

やばかったのが埼京線。

埼京線は肺が圧迫されすぎて、息できなくて
”やばいほんとに死ぬかも”って思ったくらいだった。
通勤だけで一日分の体力使うかも。

周りの人もうごめいてたよ。
おじいちゃん何度もがううって言ってたからかなり心配だった。

社長、私は明日から出勤しないかもです(笑)




このブログに来てくれてありがとうございます。
米かつがんばります。
応援のクリックがうれしいです。016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2011-03-15 07:51 | 講演会での知識

米活中です、こんにちは!
発芽酵素食マイスターの中井川 恵です。

今日は病気、不調といえばこの人!と誰もが頼りにしている
健康コンサルタントさんのセミナーでお勉強してきました。

前半は『生活環境』がテーマで、
環境を少し注意して、変えてあげることで

体調と運気をあげるコツをたくさん教えてもらいました!


・生活環境で起こる病気

・生活環境の浄化方法

・電磁波の影響と注意点

・風水の基礎〜寝室編〜


後編では日本初、掃除の家庭教師さん
生活環境をどうキレイにしていくか、物とどう付き合うかを語ってくれました。
(私も今注目中の断捨離もいいことだと言っていました!)


・部屋で見る心の状態

・運気を上げる掃除場所

・手間半分!の雑巾術

・5分間の簡単掃除!


さて、

電磁波ってほんとに、こわいです。
今日から絶対まくらもとにiPhone充電しながら
置くことだけはやめようと思いました。

ただでさえ電磁波が強いiPhone、
充電中はなんと電磁波びりびり10倍パワーアップしちゃってるそうです。

体がどんどん歪んで、ホルモンバランスが崩れて、頭がくるくるぱーになりそうでしたね、私。

あと、寝室の鏡には布をかけるとか、
北枕でねるとか、
玄関に盛り塩とか、
ベットの下の埃をとるとか、
帰ってすぐにできることをやろうと
思いました。


2人が話してくださったことで共通していたのが、生活環境を整えることに、
『意識』っていうのがとても大事であること。


セミナーの中盤で、部屋がよどんできたときに
みんなで一斉に目をつむって、
3分間うれしかったこと、幸せだったことを思い出すということをしました。

3分たって目を開けると、、、
なんと、

空気が澄んでいました!!

確かにそこにいた人たちの

嬉しい気持ち、楽しい気持ち、感謝の気持ちが、

空間を浄化したのを体感しました。

ものに対して、ありがとうって気持ちをもって大切にしたり、
部屋に対しても感謝の気持ちでいることが、
毎日体調よくいられる秘訣ってこと!

これは分からないですが感覚としてそうなんだろうなってすっと納得でした。



丁寧に、
ゆっくりと、

自分と相手だけでなく、

ものや空間も見つめることを、大切にしていきたいものです。



スローな料理情報はこちらへどうぞ!応援クリックにもなっているので押していただけると嬉しいです☆
016.gifにほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-11-29 07:33 | 講演会での知識

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。

ご存知、代替医療の鶴見先生と
著書病気がイヤなら「油」を変えなさいや
スポーツ選手の断食で有名な山田豊文先生の
ダブル講演会があったので行ってきました。

鶴見先生は何度かこのブログにも登場していますが、ご存じない方のために説明すると
1948年石川県生まれ。
浜松で普通の医者として勤務した後、1984年ごろから西洋医学をはなれ、
漢方(中医学)、鍼灸・気功などの東洋医学を学ぶ。
さらに、栄養学(アメリカの分子整合栄養学)、1996年からは酵素栄養学を学び、
独自の治療法を確立。西洋医療に真っ向から対決。
診察に一人一人時間をかけ、徹底的に本質から治す方法
(栄養指導・サプリメント指導・ホルミシス・他)で治療を行っている。


鶴見先生いつも講演会ではばっさり現在の医療を批判します。
それに共感する人は多く、ファンはどんどん増えている感じがします。
実際みんな西洋医療の無力さ、限界を感じているからなんでしょうね。

西洋医学ではどうにもならなかったガンや難病も食事療法を中心に治した
という実績もたくさんある方なので、病院にはいきたくないけれど・・・
というかたでもここのクリニックはおすすめできると思います。
(場所は東京都中央区八丁堀、鶴見クリニックです。)

さて、鶴見先生は私は何度かお話伺っているのですが
山田豊文先生のお話は初めて。

早口でちょっと高い声+関西弁という独特のスーパートーク
で集中していないと何をしゃべっているのだか??になってしまうのですが、

2時間にわたる熱弁、とても興味深いことの連続でした。

とにかく断食の大切さはここでも強調されていて、
というか私が最初に断食を知ったのは山田先生のジュースファスティングという
本だったことに昨日気がつきました。
まだ本持っているし。
大学生のころ、この本を片手に初めて断食をしました。
(同時に足には1キロのおもりをつけて生活していたことも思い出しました。
鍛えていたわけでもないのになにがしたかったんだか・・・笑)

“まごわやさしい”の食べ方を言い出したのも山田先生。
私何気なく昔からお世話になっています。

山田先生の油の話、カルシウムの話、そして誰でも簡単にNO1になれる!
貴重なお話は次回に回すとして、鶴見先生の衝撃的なニュース、

“種は食べるな。生のナッツ、豆にふくまれる酵素抑制物質はなにより体を一気に老化させる”

これを消化するのに寿命をどれだけ縮めているか!!

ということです。やばい。油断してちゃんとナッツを浸水させていないときがある、私。
家でぽりぽり食べるとき、ローストするよりはましかな、と思い食べちゃって・・・
これは即改善しよう。

酵素抑制物質がそれほど強いものだとは盲点でした。
みなさんも生のナッツを食べる際は気をつけてくださいね!

講演会の話はまだまだ続きます。

このブログに来てくれてありがとうございます。
もっと素敵なケーキやお料理がたくさんあります
ここから行ってみてくださいネ♪♪016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-08-02 07:16 | 講演会での知識

365日のブロッコリースプラウトレシピを作っています。発芽酵素食で健康で元気でHAPPY★発芽玄米と食前野菜、スプラウトの食生活をおすすめしています。

by sproutマイスターmeg