こんにちは、米かつ推進部の中井川 恵です。

京都から帰りの新幹線に乗ってます。

先ほどまで、発芽酵素食の会長マザー芙佐子先生と今日がお初となる発芽玄米の第一人者の茅原 紘先生との密会をしていました。

いやー、私もまだまだ発芽酵素食マイスターとして勉強させていただくことたっぷりです。
点で分かっていた知識が線でつながって、すっきりした!!

e0192971_18111232.jpg

茅原先生からはこんな本をもらいました。

今は信州大学の大学院の方で講義を持ちながら、発芽玄米の普及に尽力していらっしゃいます。
e0192971_18112011.jpg


私はまた原点に戻る気持ちになりました。
それは、発芽玄米+少しの野菜で充分だなと。それがスタンダードな食事になるのが1番です。

発芽玄米が日本を救う!!
という熱い話を3人でコーヒーショップでしました。

長野は茅原先生
広島は芙佐子先生
東京は私(菜種)

3方位から攻めて、全国に発芽玄米を広めます!!
どうみても私、相当がんばらないといけないです。

(あとは私たちが米粉ビジネスを進めている愛知の長久手町からもね

でーもー、茅原先生はタバコもお酒もやるし、帰りに515の豚まん10こ入り買って帰ることから見て自由な生活なご様子。

お昼もあまり食欲のない芙佐子さんの釜飯とカニコロッケまでをぺろり。
先生はこの私の向かいにいらっしゃいます。
e0192971_18112534.jpg


自由にやっても70歳でも元気で活力に満ちているのはやはり発芽玄米を主食にしているからですね!そしてそんな自由さがいまの元気になってるかも。窮屈じゃないすごい理想的な生きかた。

どんな元気かって?
初めて会ったとは思えないほどよくしゃべり、よく笑い、握手は力強く、触らせるほど自信のある腕筋を持ち、バスから投げキッスもします(笑)

これはバスから私に電話するおちゃめな様子(笑)


e0192971_18112813.jpg

いや、可愛らしい人でほんと良かった。

芙佐子先生は足がまだ完治してなくて、少し痛々しいかったですがその他はお変わりなくいつも通り愛に溢れ、前をしっかりみすえ平和なパワーに溢れていました。

今日聞いたお話はこれから復習して、Blogや発芽玄米セミナーでお話していきたいと思います。

最後に素晴らしい先生たちとのワンショット。


e0192971_18113010.jpg

2人とも若いでしょ??

2人は同級生。

あと、最低30年は生きるらしいです。

さすがや!!!


スローな料理情報はこちらへどうぞ!応援クリックにもなっているので押していただけると嬉しいです☆
016.gifにほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2011-02-12 17:28 | 偉大な先生からきいたお話

発芽酵素食マイスターのメグです。

つるみ先生は、食についてかなり色々おっしゃるけど、先生自身は一体どういった食生活なの?

と気になっているかたもいらっしゃるかと思います。

先生の食生活は、

朝…大根おろしorフルーツor野菜ジュース、またその絞りカス

昼…だいたい食べない。

夜…野菜サラダ中心に、好きなもの

という感じだそうです!

甲田式にかぎりなく近いですね!!


お・ま・け☆
鶴見先生オススメのサプリ情報


☆プログレイス
麹菌 + 米ぬか を配合した
胃で働く食物酵素サプリメント

これは炭水化物を摂ることが多い日本人用にアレンジしたアメリカで作っている酵素サプリメントです。
食べた物を胃で消化するのを助けてくれます。夜遅くの食事にもきっちり対応してくれます(^ ^)



☆瀧の酵母
老舗酒蔵の技術によって日本の風土が作り出した伝統の清酒天然酵母と生きたパン酵母+野菜、果物、海藻、野草、豆類、穀物などの100種の植物原料を発酵させて抽出したエキス。非加熱で酵素が生きています。
注)私も大好きです!
納豆好きにはたまらない味です☆



☆マグロの力
DHA・EPAの宝庫。
通常のDHA・EPAサプリはビタミンEなどが添加されていますが、まぐろのチカラ粒はすべてが天然成分で酸化防止剤等も無添加物です。

最近の注目株はこれだそうです!!!
☆フノラミン ユーグレナ
水溶性の食物繊維を含む「ふくろふり」、各界から注目を集める栄養豊富でエコな新素材「ユーグレナ」が余分な脂質や有害物質を溜めない身体をサポート!
ポリフェノールの働きが美容面で取り上げられている果実「アサイー」、ビタミン、ミネラル、フィトケミカル、酵素など栄養たっぷりの「ブロッコリースプラウト」、クロロフィル豊富な「クマ笹」をバランスよく配合したサプリメントです。
お腹すっきり!を目指す方にオススメ。

今日は料理ネタでなかったので、スローな料理情報はこちらへどうぞ!応援クリックにもなっているので押していただけると嬉しいです☆
016.gifにほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-11-25 11:54 | 偉大な先生からきいたお話

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。


またまたがんのお話から始まった鶴見先生のお話ですが、
今回の一番の衝撃はこれでした。

悪魔の新農薬 『ネオニコチロイド』


脂溶性の有機・リン酸系の農薬に代わり、主力選手になった水溶性の農薬ですが、

この事実、あまりにも怖い話です。

みんな(私も含め)、なんでこんなこと知らされてないの?といいたくなるほど、
やばい話です。

話は長いですがほんとに知っておいてほしい話。
私は今知ってよかったと心底思います。


アメリカで2006年全州でミツバチが消えました。240億匹が消えたのです。

同じように岩手県でもミツバチの8割がいなくなりました。

原因がこのネオニコチロイドでした。


この農薬は脳内伝達物質のアセチルコリンの偽者になりかわります。

神経系に作用し、正しい信号が脳に伝わらなくなります。

ミツバチは神経が侵され、方向感覚がなくなり、
巣に帰ることができず、餓死しました。

脳のニューロンを犯されたミツバチは、蜜の採集に出かけたまま帰らない人になります。

受粉に必要なミツバチの激減は、大問題です。

なぜなら、ミツバチによる交配で種の存続を維持している植物は多く、

(フルーツ・野菜の90種以上)

これらの植物群は今後、種の保存が出来ないことになります。


つまり被害はミツバチの問題だけではないのです。

自然の生態系が一瞬のうちに破壊されてしまいます。

土壌生物や微生物にいたる広範囲に影響が出ます。


ミツバチの死=植物の死=生態系の死、です。



ネオニコチノイドの毒性が悪魔を言われる所以は、またそれが水溶性であることにあります。

脂溶性でなく水溶性であるため、植物は水と一緒に吸収してしまいます。

なので、植物全体に行き渡り、洗っても決して落ちません。

ハウス野菜には100%残留します。


野菜の20%にはネオニコチノイドが含有しています。それを毎日食していると思うとぞっとします。


農業大国フランスでは、最高裁判所がミツバチ消滅の犯人はネオニコチノイドであると判決を下しました。

フランスをはじめヨーロッパ各国で相次いで使用中止命令が出されているにもかかわらず、
日本ではこの系統の農薬が主流で一番使用されています。

中国産食品に多量の農薬が含まれていることは常識になっていますが、

日本でのネオニコチノイドの使用量は中国の100 倍です。

中国野菜は危ないから避けています、なんて......。


知らないのは日本の消費者だけでしょうか。



毒性は青酸カリと同程度。

原爆並みで、5ccで1発で死ねます。

しかも、ネオニコチノイドの拡散は広く、半径4kmを汚染します。

一般の水和剤などは汚染範囲は100m四方で、風があっても500mの範囲です。

ネオニコチノイドは水蒸気となって拡散するからです。

4kmも移動しては

有機栽培も自然栽培も日本では成立しなくなる可能性があります。

野菜の農薬だけでなく、カメムシ殺し、ペットのノミ退治、シロアリ、ゴキブリスプレー
にまで使われています。

ゴキブリスプレーでゴキブリがころっと死ぬのはこのためです。

それがたっぷりかかった野菜を食べています。

(この国の有機野菜はわずか0,16%、残りの99,84%は農薬が使われている)



17人に1人の奇形児、うつ病、アルツハイマー、脳梗塞の原因とも言われています。

鶴見先生は食糧不足の果てに、人口は30億人まで減るとおっしゃいました。

日本は全世界の農薬の32%と使っています。
あんなに国土の広いアメリカの9倍、カナダの18倍使っているのです。


かなり、感情的になるのを抑えて書きました。
農薬のかかった野菜を買うのは控えないと、本当に生死に関わる問題だと
思います。国産野菜が一番危ないんじゃ?輸入野菜よりも悪いんじゃ?
ほんとうにこの国はどうなっているの?みんな知らないの?知っているの?
ねえどうなの?だれにぶつけようもない感情なので、ここに書きました。

乱文失礼しました。 
e0192971_14585894.jpg


このブログに来てくれて、貴重な時間をさいて読んでくれて、
本当にありがとうございます。
もし宜しければ応援のクリックお願いします016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-11-22 14:59 | 偉大な先生からきいたお話

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。

この間、自然農の大松さんの『農は人なり・食は生命なり』の講演会の中で
お話くださいましたニワトリ事情について。

いまは菜食なので、あまり関係なくはあるのですが、
こういった話をはじめて聞いたときの記憶がまたリカバー。

ふつうに売っている肉は食べれないわ!って思ったのは何年前だったのやら?


最新版にわとり事情です。

環境
*1坪(たたみ2畳)に100羽以上が詰め込まれて飼育されている。
*85%の卵は窓も換気扇もないところで産み出されたもの。もちろん他の肉も同じ。

親鳥
*96%の親鳥が、ドイツとオランダ産 (世界の1億3000羽の)(工業化)

えさ
*石油たんぱく系、遺伝子組み換えのコーン

卵はこれらの体に悪すぎるエサがぎゅっと凝縮されている、栄養食品!!


いくつなんだろう?声に若さがみなぎる大松さん

本当は安全で美味しいものを作れる人が農家であるはずなのに、
国が応援する農家は、お金儲けの上手な人。

農業法人の98%が3代もたないんだよ。
やるなら会社にしないほうがいい。家族経営がいい。”


本物のオーガニックを続けるには、

①理解のある消費者・食べてくれる方
②家族の協力

これさえあれば、できるさ!ただ土は肥えてないといかんなーだとか。
有機という言葉がいかんね、有機のものを土に入れるだけと勘違いしてしまうね、
それはごみを蒔いているも同じ。虫がたかる。発酵させて入れんといかん。

そして、

“土と民族はイコールだ。今は本物の日本人が少なくなった。
エイリアンみたいな人がたくさんいる。
もちろんここにいる方は違うけどな。それは外国のものばかり食べている。
バナナもオリーブも毎日食べるものではない。
そりゃ食は楽しみでもあるのだから、たまに食べる分にはいいがな。
本当の日本人は、穏やかで思いやりがあり粘り強い民族。”


まだまだ大松節と、オーガニック野菜の始め方をききたくて、
名刺交換したのですが、時間がなかった。
いいから遊びにきなさい教えてあげるからとおっしゃっていたので、
今度、ぜったいいこう!と思いました。



では、今日も自分らしく感動的な一日を♪


このブログに来てくれて、貴重な時間をさいて読んでくれて、
本当にありがとうございます。
もし宜しければ応援のクリックお願いします016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-11-22 12:42 | 偉大な先生からきいたお話

発芽酵素食マイスター メグです。

先週の日曜日は蘇生会の講演に行ってきました!


今回の講演、

大松農園の大松さん (自然農法のお百姓)

西郷どん(西郷正明さん) (シードマイスターネットワーク事務局長)

鶴見先生(鶴見クリニック院長)

の3部構成。


4時間にわたる講演会です。


毎回、長丁場だなーと思いきや、すぐに終わってしまうというほど興味深い。

しかも、第7回目にして初のお弁当つきという 試みが!!

入り口で渡されたそのお弁当がこちら。
e0192971_12483439.jpg


中身はこんな感じです。
e0192971_12493511.jpg


本当はおにぎりは2個。 (1つ写真とる前に食べちゃいました)
これが、鶴見先生考案の低GIこだわり玄米ご飯。

玄米に、アマランサス、ごま、ひえ、きび、あわ、寒天、小豆、切り干し大根、干ししいたけ、
利尻昆布、マグマンを加えて真空調理で炊いたもの。

材料はほぼ全てが自然栽培で、有機栽培が少しある感じ。

玄米は12-18時間 発芽させ(先生いわく半発芽らしい)、
3時間以上の長い時間をかけて、酸化させない真空調理しています。

先生は還元力(酸化の反対)マニアですね。完全に。

弁当全体を通じて、国産・無農薬にこだわっているのですが、
なぜかだだ茶豆のみが台湾産。これはなぜだろう(笑)

講演内容については、また記事にしますね!


では、今日も自分らしく感動的な一日を♪


このブログに来てくれて、貴重な時間をさいて読んでくれて、
本当にありがとうございます。
もし宜しければ応援のクリックお願いします016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-11-16 13:02 | 偉大な先生からきいたお話

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。

私は8年前に山田先生に出会っていたのです。
e0192971_1846132.jpg


といっても先生の著書で、ですが。

それがこのファスティングダイエット本。
e0192971_21341866.jpg


当時大学生だった私は、ダイエットの文字に飛びついたのだと思いますが、

体から老廃物もでる、というキーワードにもすごく興奮したものです。

さて、山田先生のお話のまとめをしていなかったですね。
結論から書きます。

抗酸化の大切さを知る。

カルシウムの重要な生理作用を知る。

良い脂肪酸だけをとる

酵素の大切さを知る

解毒する能力を高める


これが、山田式病気にならない5つのポイントです!!


この中で特に強調されていたのは『油のこと』でした。

私はこの話を聞いてから、とくに自分の子供には
絶対にいい油を与えようって思いました。

脂肪は細胞膜で一番重要な働きをしている。
そして、
脳の60%は油。  つまり油ほど頭を良くも悪くもするものはないのです。

子供はすぐに変わる。
頭も心もいい子になる、と断言していました。


著書“病気がイヤなら油を変えなさい”
に詳しく書いてあると思います。

e0192971_18442577.jpg


気になる方はそちらをチェックください^^

9月の料理教室の詳細が
こちらにあります。

このブログに来てくれてありがとうございます。
励みになります。応援のクリックお願いします016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-08-21 18:50 | 偉大な先生からきいたお話

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。



いよいよ最終回。



前回の
続きです。




人が木を見るとき、いつもそこから何が得られるかを考えます。
それが私たちの態度です。
それは果実だったり、木そのものがお金になると考える人もいるでしょう。
伐採して数千ルピーで売るのです。

けれど私たちは生みの母から常に何かを取ろうとだけ考えるでしょうか?
いいえ、そうではないはずです。

例えば彼女が死の床につき話せず身動きもとれなくなった時、私たちはその傍に座り、
手をとって撫でるだけでしょう。

彼女から何も取ろうと思わずに、その傍に座り顔を見つめる。
それはお母さんを愛しているからです。

同じように私たちが自然を私たちの母だと理解すると、彼女からとろうとはしなくなります。

真のスピリチュアリティはすべての存在を愛することです。

母なる自然は私たちの母です。
すべての異なる国、異なる大陸の人々、すべての生き物はみな一つの母の子供です。


なぜ、皆さんはそれほど懸命に働くのでしょうか?

それは平和な生活がしたいからです。
それだけ懸命に働けば必要なものが手に入ると考えているのです。

しかし平和な生活のために10万ルピーは必要ではありません。

ハートに愛があれば十分です。

自然をごらんなさい。
鳥や動物たちがどのように生きているかをごらんなさい。

自然を見るとき私たちは本当に必要なのは食物と休むところで、
そのための大金は必要としないことが理解できます。

私たちは欲望を減らし、愛を与えるように努力すべきです。
そうすればすべての問題が止むのです。

それがスピリチュアリティの実践的活用です。

私たちがそのような態度を養い、自然を守り、保存するなら
いつの日か私たちもその一部であることを悟ります。

そうなれば自然的に私たちのエゴは消え去り、個としての感覚は完全に消え去ります。

木の近くに立つとき、それが私たちと一つであることと知るのです。

そして、誰かの傍に立つとき私たちは二つでなく一つなのだと知るのです。
それが究極の体験です。

お話はここで終わりです。
長いお話を読んでくれてありがとうございました!
何が大切なことなのか、みなさんの考えるきっかけになれば幸いです。
私も迷ったとき、何度もここに戻ってきたいと思います。

ちなみにスワミ・ニャーナアムリターナンダプーリさんはこんな方です。

驚くくらい穏やかな目。
e0192971_10175859.jpg








このブログに来てくれてありがとうございます。
励みになります。応援のクリックお願いします016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-08-15 09:07 | 偉大な先生からきいたお話

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。


前回の
続きです。
いよいよ苗木を育てる真の意味が明らかになってきます。



家族は愛で一つにつながれていて、必要なときには相互に与える準備ができています。
けれど相手がお隣となるとそうはいきません。
それは彼らを離れた人と感じているからです。

自分たちを一人であると考えるために愛や感情を共有しないのです。

しかしもしそこにたった一人の母、母なる大地しかないと思い、私たちがみな彼女の子供だと思う
ようになれば、私たちは自然を傷つけることも決してないでしょう。
必要なものをそこから頂くだけになるのです。

自然と共に調和するために誰にでもできる一つの方法として、苗木に名前をつけることがあります。
(!!!)

トミーという名の犬を飼っていると想像してみてください。
私たちにとってトミーは他の犬とは違う存在ですよね。
そこに1000匹の犬が駆け回っていても、トミーを見つけ、名前を呼び、
彼もそれに応えてやってくるでしょう。

つまりトミーはただの犬ではなく特別なのです。
彼をただの犬ではなく、特別なものとして受け入れる準備が私たちにできています。

なぜか。

それは私たちが彼に個別性を与えたからです。
ほかの999匹はただの犬でしかありませんが、トミーは違います。
なぜなら私たちは彼のうちに自分自身を見るからです。

同様に私たちが苗木に名前をつけるとき、私たちとその木との関係が成立します。

アンマの学校では子供たちは苗木を育て、名前をつけます。

夏休みが来ると子供たちは苗木のところに行きこう言います。
“ねぇ僕ね、休みの間は水をあげに来られないの。でも寂しがらないで。
2ヶ月たったら必ず戻ってくるからね。だから泣いちゃだめだよ。”

このように苗木に話せと言われたわけではありません。
子供たちはただ自然にそうするのです。

名前をつけて毎日水をやることで、子供たちは自然に植物との関係を成長させます。
中には手紙を書いて苗木にぶらさげた子供もいました。
手紙を下げてからこう言うのです。
“寂しくなったらこの手紙を読むのだよ”

このような子供時代を通じて、木がそこにじっとあるだけでなく生きて感情があることを
分かるようになります。
そしてそのような姿勢を養うと、木の感情を理解するようになるのです。

現代では私たちは同胞である人間の感情すら理解することができません。

それは私たちがあまりに利己的だからです。

しかし子供たちが小さいときからそのような経験を養うなら、
社会がいかに変わるかを想像してみてください。

続く。



このブログに来てくれてありがとうございます。
励みになります。応援のクリックお願いします016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-08-14 10:35 | 偉大な先生からきいたお話

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。

前回の続きです。


アンマは母なる自然を真の母であることをハートにはぐくむために、
自然とともに過ごすようにいいます。

マインドをきれいにするための一つの方法は、自然と共に過ごすことです。
苗を植えて、毎日植物に水をやるべきです。
そのような行動は、マインドを浄化することを助け、またそうしている間は
すべての問題を忘れられます。
悲しいとき、砂漠や庭にいけば悲しみを忘れて平和を感じることができます。
庭や海辺を歩くのは最も簡単にリラックスできる方法の一つです。

動植物をみるとき心を開いて動物の目をみるとき私たちは自然にその内なる無垢さをみます。

それはハートを開く助けとなりその目に移った無垢さは私たちのマインドにやってきて
鏡のように私たちの真の性質を見る助けをします。

生まれたばかりの乳児の時、私たちは自然と共に歩き調和してきました。

しかし、両親と社会のエゴが私たちからその根を切り離します。

私のものは私だけのものであり、他のものではないように教え、
共有しないように教えるのです。

苗木を鉢に植えて育てても大木には育ちません。
大地に植えるとき初めて根は何エイカーにも張っていくのです。

そのような大木は何百人もの人々を休ませ、鳥や動物たちに実を与え、避難所を与えます。
けれども盆栽の木は蚊にすら日陰を与えることはできません。

私たちの根を切るときつまり母なる自然から離れるとき、私たちが子供にしていることがそれです。

私たちが彼らを社会に何も与えられなくなるように仕向けているようなものです。

社会が盆栽のように子供たちの根を切れば彼らはよく成長することができません。
子供たちに自然に制限なくのびのび成長することを許せば、
彼らは全ての人や物を愛するようになります。


続く。


このブログに来てくれてありがとうございます。
励みになります。応援のクリックお願いします016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-08-11 16:34 | 偉大な先生からきいたお話

こんにちは!
首都圏でお料理教室・ケータリングをしている
発芽酵素食マイスターのメグです。

アンマのイベントで、聖なるバジル“トゥラシ”を買ったのですが、

それについてきた紙にこのお話が書いてありました。

とても素敵なお話だったので共有できたらと思います。

長い話ですので、回数に分けて書きますね。

(スワミ・ニャーナアムリターナンダは、アンマの自然保護プロジェクトである、
グリーンフレンズを任されている方です。)




子供が母親から離されるときは、大変な悲しみと苦しみがあります。
おもちゃを与えるとしばらくは泣き止むでしょうが、
また泣き始めるのにたいした時間はかかりません。
すると大人はおやつを与えます。

けれど、そのようなときに子供を満足させれるものは
本当は何もないのです。
子供はお母さんが欲しいだけなのですから。

同じように、人類がその母から離されるときも大きな苦痛を伴います。
私たちの手に入る多くのものは、つかの間の満足しか与えてくれません。

お母さんだけが本当の満足をくれるのです。

けれどももし私たちの母親が、母なる自然と理解したなら
どこにいてもさびしく思うことはありません。
肉体的なお母さんは亡くなっても、母なる自然は死なないからです。

母なる自然はあらゆる姿でどこにでも存在しています。

いつか私たちはこの肉体を離れるでしょうが、この自然にかえっていくのです。
私たちはこの肉体を持つ前から彼女とともにあり、今も死んでからもずっと共にあるのです。
私たちは決して離れることはなく、今でも一つです。


いずれ、この真実の全てを経験するときがくるでしょう。

私たちが母なる自然を真の母とみなすとき、
すべての動植物が兄弟姉妹であることを理解します。
これを理解したなら私たちはごく当たり前に
それらを愛し、守り、大切にし始めます。

続く。




このブログに来てくれてありがとうございます。
励みになります。応援のクリックお願いします016.gif
[PR]
by hatugashoku | 2010-08-10 07:35 | 偉大な先生からきいたお話

365日のブロッコリースプラウトレシピを作っています。発芽酵素食で健康で元気でHAPPY★発芽玄米と食前野菜、スプラウトの食生活をおすすめしています。

by sproutマイスターmeg